本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
(11/11)
(09/24)
謹祝再開(返信済)
(09/19)
元気ハツラツ(返信済)
(09/01)
(08/31)
最新記事
(11/08)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[897] [896] [895] [894] [893] [892] [891] [890] [889] [888] [887]
幕末の史跡についてサイト更新をしようとしたところ、自宅の蔵書では参考になりそうなものが殆どないことに気付きました。
中世や城郭関係はそれなりに揃っていますが、通史でもあったのは僅かに「日本の歴史」(1966/中央公論社)のみという侘びしさ。
当時は歴史ブームの火付け役となり一斉を風靡した名著ですが、偶々立寄ったブックオフでは105円の棚にズラリと並んでおりました。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
おはようございます
最近では各市町村史のコピーを取るのに城館関連の部分のみならず中世期全て丸ごとコピーする事が多くなってしまようになり、出費が多くなってしまいました。
でも、時代背景その他諸々の情勢も一緒に把握しないと良い城館の調査に繋がらないと思うようになり、楽しく読み漁っております。
時代背景と城館遺構がリンクするようになると、さらに当時の遺構の存在意義を見出すのに役立つかと思っております。

本日もこれよりまがい地めぐりに出向致します。
キーワードは「皆戸と中居」でございます。
儀一 2011/04/27(Wed)04:42:58 編集
Re:おはようございます
>最近では各市町村史のコピーを取るのに城館関連の部分のみならず中世期全て丸ごとコピーする事が多くなってしまようになり、出費が多くなってしまいました。

1枚10円として、仮に200枚複写しますと2千円。
場合によっては古書で入手するのと変わらない場合もありそうですね。

>でも、時代背景その他諸々の情勢も一緒に把握しないと良い城館の調査に繋がらないと思うようになり、楽しく読み漁っております。
>時代背景と城館遺構がリンクするようになると、さらに当時の遺構の存在意義を見出すのに役立つかと思っております。

膨大な資料群にかこまれたお姿が目に浮かびまする~
資料の複写につきましては大分以前より拡大コピーのお世話になっておりますが、最近は手持ちの資料さえもスキャナーで超拡大コピーを行っております(汗)

>本日もこれよりまがい地めぐりに出向致します。
>キーワードは「皆戸と中居」でございます。

「カイト」「ナカイ」と読むのでしょうか。
午後から風が強まりますので、どうか気をつけて行ってらっしゃいませ~
【2011/04/27 12:59】
Trackback
この記事にトラックバックする: