本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコ(※2019年11月末に天国へ)などの話題に終始しております (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8
10 11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
(03/22)
(02/19)
無題(返信済)
(11/18)
お大事に(返信済)
(09/26)
ご無沙汰です(返信済)
(06/19)
最新記事
(05/13)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[887] [886] [885] [883] [884] [882] [881] [880] [879] [878] [877]
キャットウォーク設営のついでに、屋根裏の小屋組みのボルト締め、金物付設などの耐震補強対策を実施。
窮屈な姿勢のために、連続して作業する訳にもいかないので休憩を取りながらの作業。

その時にちょっとした事件が発生。
天井裏へと続く僅かな隙間から2匹のネコが冒険へと出立。

翌日の餌やりで身柄を確保するも、再び障害物を頭を利用して押しのけて天井裏へ。
3度目の脱出のやりとりの後、可動式の天井板に5Kgほどの重量物を載せて決着。

天井裏は色々な道筋が、恰も迷路のように連続。
ネコの本性から考えても楽しいことこの上なく。
運動神経の良い「いちご」(雄6歳)の方は兎も角も、まず上がれそうもないと思っていたポミ(雌、6歳半)でさえも垂直の壁を登攀し冒険に成功したのでありました。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: