本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 6
8 10 11 12 14
15 16 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
(09/24)
謹祝再開(返信済)
(09/19)
元気ハツラツ(返信済)
(09/01)
(08/31)
(08/30)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[825] [824] [823] [822] [821] [820] [819] [818] [817] [816] [815]
昨日は通院のため川越経由で八王子行のJR八高線に乗車。
記憶の限りでは、このルートでの乗車は3度目のような。
とはいえ八高線そのものに乗車したのは40年以上以前のこと。

いまどき単線というのも珍しく。
1時間あたりの本数も通勤・通学時間帯を除くと1時間に2本。
片道運賃が810円。
私鉄を経由するよりも運賃は割高だが、最短で1時間4分なので便利といえば便利なルート。

少なくともMRI検査と診察のためあと1回は通院予定。
初診時のレントゲン撮影では、腰椎の動きに異常ありとの所見。
外科的手術を必要とするか否かについては概ね五分五分の見通し。
と、書き込んでおかないと記憶が曖昧となってしまう今日この頃であります。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
八高線大好き
八高線、ヘビーユーザーの史進です
私は毎日利用していますのでボタンを押してドアの開け閉めに違和感を感じなくなりました
この時期は埼玉県内での大雨の為に遅れることが多々ありますが八高線なので赦します(笑)
史進 2010/07/17(Sat)16:24:46 編集
Re:八高線大好き
>八高線、ヘビーユーザーの史進です
>私は毎日利用していますのでボタンを押してドアの開け閉めに違和感を感じなくなりました

八高線は初心者同様にございまする(汗)
川越と拝島の往復の折、何度かボタンを押すチャンスがありましたが、予想よりも乗降客が多く押せず仕舞いでありました。
今月末にも利用する予定があり、正午過ぎ頃の復路には何としても押してみたいものでございまする(笑)

>この時期は埼玉県内での大雨の為に遅れることが多々ありますが八高線なので赦します(笑)

幸い当日は予想された夕立もなく帰宅できましたが、拝島駅で待つこと約30分が長く感じられ...
また1970年代前半の東武東上線を彷彿とさせるような4両編成も懐かしゅうございました。
【2010/07/19 21:10】
今の八高線はよくなりましたね
梅雨も明け暑くなりましたがいかがお過ごしでしょうか?

一昔前の八高線(たしかグリーンの電車の頃)は大雪が降ったりすると車内が停電したりした記憶がありますが、最近の電車になってからはそれがなくなりましたね。
また、電車に乗るとぼんやりと車窓を見ながら旅できるのがいいですね。

以上数ヶ月に一回のペースで八高線を使う儀一なのでありました。
儀一 2010/07/19(Mon)08:16:46 編集
Re:今の八高線はよくなりましたね
>梅雨も明け暑くなりましたがいかがお過ごしでしょうか?

本日の暑さには参りました。
自宅内の廊下の室温は何と摂氏39度に...

>一昔前の八高線(たしかグリーンの電車の頃)は大雪が降ったりすると車内が停電したりした記憶がありますが、最近の電車になってからはそれがなくなりましたね。

そういえば飯能、高麗川方面のハイキングでよく乗車した記憶もあるような。
電化される以前の八高線は座席が向かい合わせで、夜中などは沿線は漆黒の闇に包まれていたのが印象的でありました。

>また、電車に乗るとぼんやりと車窓を見ながら旅できるのがいいですね。

往路などはずっと車窓を眺めつつ単線特有のカーブの揺れも懐かしく。

>以上数ヶ月に一回のペースで八高線を使う儀一なのでありました。
今後暫くは八高線のお世話になるかも知れませぬ。
コメント忝く存じまする。
【2010/07/19 21:20】
Trackback
この記事にトラックバックする: