本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 6
8 10 11 12 14
15 16 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
(09/24)
謹祝再開(返信済)
(09/19)
元気ハツラツ(返信済)
(09/01)
(08/31)
(08/30)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[807] [806] [805] [804] [803] [802] [801] [800] [799] [798] [797]
以前健康食品のカプセル入りのグルコサミン(特売&無名メーカー製品)を試用。
忘れた頃に服用していたこともあり結果的に全く効能なし(苦笑)
昨日はダメ元でコンドロイチン配合の内服薬を購入。
効能としては関節痛、神経痛、手足の痺れなどの諸症状。

「◎-ト、◎-ト、◎-ト」のCMでお馴染みの、目薬の方面で名の知られたメーカー製。
ただしコンドロイチンの広告宣伝分野では、「Z新薬、T薬品工業、Eザイ」などの先行3社に後れをとっているような。
仮に効果があるとしても通常1週間以降と想定していたところ、何と服用後1日目で膝の痛みが緩和傾向に。
確実に自宅の階段を降りる際の膝への負担も減少。
膝関節は加齢に伴う変形・摩耗+骨棘(こっきょく)を抱えた運動系のウィークポイント。

黄疸、筋肉の強張り、傾眠、全身倦怠など、内服薬に関する副作用の発現頻度では、今や驚異的な発現率を誇る我が肉体(汗)
さりとて通常の市販薬が、これほど顕著な効能を発揮するとも思えず。

さて数日前から再発し始めた両足の甲の浮腫み。
7年ほど以前より時折発症し、血液検査を経ても目下の処は原因不明。
浮腫みに対する効能は薬理作用から考えても先ず無さそう。
しばらくは服用を継続して経過観察することに。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: