本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 6
8 10 11 12 14
15 16 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
(09/24)
謹祝再開(返信済)
(09/19)
元気ハツラツ(返信済)
(09/01)
(08/31)
(08/30)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[497] [496] [495] [494] [493] [492] [491] [490] [489] [488] [487]
昨年末からようやく群馬へと進出。
行先は未だ藤岡、吉井方面のみ。
それでも数えてみると、すでに累計で32か所。
ところが更新の方は、これがなかなかにして捗らず。

昨日は以前入手しておいた「北武蔵・西上州の秘史」(川鍋 巌 著/上毛新聞社)を拾い読み。
付箋を貼ってメモなどを記入しているうちとうとう夜明に。
血と汗の結晶ともいうべき大作には違いなく。
しかしある程度の予備知識がないと読み進めないという深刻な問題も。
その予備知識があるかといえば、実際のところは誠に寂しい限りで。

要するに神流川左岸の三ツ山城、浄法寺城、保美の砦、芦田川屋敷などを巡る14世紀から16世紀にかけての地域支配の歴史的状況がまったく頭に入らず。
当然のことながら、金鑚御嶽城、長井氏、安保氏なども大きな関わりがある訳で。
しばらくは頭の中が混乱を続けておりまする。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
無題
驚くべき早さの上州進出、私も本館を拝読して頭の中が混乱しております(笑)

圏央道坂戸IC、川島ICが今年3月オープンですが、上州への遠征は、一般道をお使いなのでしょうか???
既に嵐山小川ICの常連になりつつある私は、ETCのカード請求に驚くばかりで。城館訪問に金をかけないというポリシーだけは守りたいのですが・・・
左馬助 2008/01/20(Sun)13:24:19 編集
Re:無題
むさ苦しき所へお越しいただき御礼申し上げまする。

>驚くべき早さの上州進出、私も本館を拝読して頭の中が混乱しております(笑)

本人自身も更新作業を考えますと著しく混乱しておりまする(苦笑)

>圏央道坂戸IC、川島ICが今年3月オープンですが、上州への遠征は、一般道をお使いなのでしょうか???
>既に嵐山小川ICの常連になりつつある私は、ETCのカード請求に驚くばかりで。城館訪問に金をかけないというポリシーだけは守りたいのですが・・・

高速道路はとても恐れ多く、城館跡を陸橋から撮影する以外には縁がございませぬ(汗)
元より40年来の国道254線の愛好者にございますれば。
当面松井田などの群馬県南辺りまでは、一般道にて参る所存に御座いまする。

難点は藤岡・吉井あたりでも往復所要時間が5時間前後。
仮に、午前5時に出発いたしましても4時間半ほど。
確かに藤岡まで高速道路を利用いたしますると、往復2時間近くの時間節約となりまするが。
寧ろその分を資料代に当てる方が、某の好みに合致しているようにございまする(爆)
【2008/01/20 14:21】
Trackback
この記事にトラックバックする: