本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 5 7
9 11 13 14 15
16 17 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
(07/20)
お疲れ様です(返信済)
(07/12)
(07/01)
災難でした(返信済)
(06/17)
(06/13)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[1285] [1284] [1283] [1282] [1281] [1280] [1279] [1278] [1277] [1276] [1275]
午後2時半の新河岸川沿いの斎場
昨日旅立った「いちご」(雄ネコ12歳と9日)は
立ち上るひとすじの小さな「けむり」とともに天国への階段を登っていきました



初夏を思わせる陽光のもと
ときおり春風が吹き抜け
一株のセイヨウカラシナが
その旅立ちを見送るように揺れていた


「ポミ」(母ネコ12歳7か月)の夕食

旅立っていった子が寝ていた場所を何度も振り返りながら夕食を摂る
12年間いつも一緒だった子は昨日天国へと旅立った
亡くなる3週間前からは何時も食事をきれいに残した
ちょうど、いつも「いちご」の食べる分だけ

「いちご」が全く食べられなくなってからも
かならず食べやすいようにきれいに残していた
そして今日も

拍手[4回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass