本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 16 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新CM
ご無沙汰です(返信済)
(06/19)
その後の今井(返信済)
(03/03)
(01/07)
(01/05)
無題(返信済)
(01/03)
最新記事
(08/19)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[1255] [1254] [1253] [1252] [1251] [1250] [1249] [1248] [1247] [1246] [1245]
検温は同じく35度8分。
この日は手術の予定日で、開始時刻は午前11時50分。
しかし、前の2件が遅れたらしく、こちらの開始時間は全く記憶が無い。
気が付いたのは恐らく午後8時過ぎ頃らしいので、予定の3時間を大きく超えて約6時間を要した。
耳下腺腫瘍(計4ピース)の摘出は無事に終了。
政権の結果は後日とのことだが、ほぼ良性である可能性が濃厚らしい。
右耳の耳下腺部からS字を描くように約15cmほどを切開。
病室へと一度は戻されたが、血中酸素濃度が低いため一時個室へと移動し翌日早朝まで別看護扱いとなった。
また、導尿処置と合わせて人工呼吸器の装着に伴う気管挿管による微量の出血に苦悶。
これに酸素マスクと点滴、血中酸素濃度測定が加わりかなり煩わしい。
(2月10日の記述)

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass