本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコ(※2019年11月末に天国へ)などの話題に終始しております (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
(03/22)
(02/19)
無題(返信済)
(11/18)
お大事に(返信済)
(09/26)
ご無沙汰です(返信済)
(06/19)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
先ほど漸く3週連続の週末イベントが無事終了。
然し明日は何時も通りの単独勤務。
電話応対と来客以外には極力ボォーッとしていることに。

拍手[0回]

先週26日の夜の民俗芸能イベントの疲れを引きずっております。
加えて昨日土曜日は、直接担当しているわけではないのに12時間の拘束時間のため疲れましたです。
運営構成の問題と余りの参加者のマナーの悪さとゴミの多さに飽きれつつ。

本日は通常の一人仕事。
明日以降は重要会議(建前だけ)が連続。
かくしてそのまま次の8日土曜日の夜のイベントに突入いたします。
翌日9日も仕事のシフト。
仮に10日に休めれば一日中惰眠を貪る計画。
しかし10日がパスされると次の休みは22日以降の恐れも。

拍手[0回]

昨日は国営TVの収録・取材。
尤も当方は収録場所を提供する程度の役割。
放映時間は恐らく5分弱との話。
取材・収録に要した時間は食事抜きの延々5時間半。
膨大な編集作業が目に見えるよう。

一方本日はW大学博士課程に籍を置く米国HV大学留学生の対応。
アジア系、欧米系各一名。
勿論通訳の方が同行。
予想通りかなりの鋭い質問が随所に。

拍手[0回]

先日の仕事関係のトラブルがやっと解決したと思ったら、今度は別の問題が発生しそうな予感が。
当方の所管とは基本的に無縁であるものの、刊行物等の著作権に関わる問題にて。

今後において何らかの問題に発展する可能性も否定できない恐れがあり、ことがややこしくなる前に担当セクションにそれとなく問題点を示唆。
それにしても我ながら実に回りくどい表現なのであります。

話題変わって、下記の駄作は著作権とは全く無縁な30年以上前のもの。
我ながら小学生以来皆目進歩の跡がなく。
自己流の静物画とはいえ、立体感というものが微塵も感じられず。
造花のような薔薇に加えて、とって付けたようなワザとらしい枯葉。

仮に「城館跡」を油彩で表現すると、「用水路と藪」に徒に時間を費やすことになるのでありましょう。
真横から眺めた「堀切」を油彩で仕上げたら結構笑えるかも。
そういえば「夕景の猪俣城」は風景画としては、それなりに様になるかも知れず。
然し筆遣いと混色の基本さえも最早忘却の彼方に。


駄作
遥か30年以上前の駄作
2007/07/02 撮影

拍手[0回]

昨日に続き講座を継続。
この際ついでに実費を半額に値下げ。
本日の開催については、殆んど宣伝できなかったことなどもあって参加者は無理やり声をかけた5人のみという結果に。
観葉植物の材料は、何時までもそのままおいて置けるというわけではないので、一応それなりの意味はあったと思うことに。

これから夏を迎えるので、涼しげな印象のあるハイドロカルチャーは本来はタイムリーな企画であったはず。
零細事業所のため勿論予算はゼロ。
従って材料関係は基本的に自前で揃えたこともあり、当初からある程度は赤字含み。

二酸化炭素を吸収し酸素を排出する働きをする観葉植物。
人の集まる場所に置いておくと押並べて元気に成長。
ファミレスやハンバーグ屋などのレンタル鉢植のポトスなどが良い事例かと。
炭酸ガスを減らすという意味で、果たして地球環境の維持に貢献したかどうかは分かりませぬが。

下記の画像はシンゴニュームのハイドロカルチャー。
同じサトイモ科の仲間のカラジウムと比べて見かけが地味な反面、挿し穂で増やせるなどとても扱いやすいのでこの栽培法に向いているようです。

シンゴニューム
シンゴニューム
2007/06/24 撮影

拍手[0回]