本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
(11/11)
(09/24)
謹祝再開(返信済)
(09/19)
元気ハツラツ(返信済)
(09/01)
(08/31)
最新記事
(11/08)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[903] [902] [901] [900] [899] [898] [897] [896] [895] [894] [893]
近年確実に能力の低下を辿って、とうとう日常の概念から遊離し始めているものの一つが気力。
これに視力と記憶力の減退傾向が加わってきました。
さらに膝が、腰が、肩が....と加齢に伴う物理的な体調の変化が目白押しに。

という次第で今月は未だに本格的な外出できないのであります。
予定している行き先も行き先なのでモチベーションがあがらないことも事実なのですが。
40代頃までそれなりに気力が充実していた日々が懐かしく、かつ遠い存在となってきたようです。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
まさかの五月病
私もたま~に時間があって晴れていても出かけたくなくなる時があります。
この季節の暑さは真夏の「じめっ」としたものでなく、「カラッ」としているので救いですね。

もし宜しければ平野部の館跡めぐりでもしませんか?
遺構が乏しいと萎えるかも知れませんが、思わぬ発見があった時にはかなり嬉しいですよ。
儀一 2011/05/19(Thu)07:05:07 編集
Re:まさかの五月病
>私もたま~に時間があって晴れていても出かけたくなくなる時があります。

今日は。
どちらかといえば元来が出不精な性質で(苦笑)

>この季節の暑さは真夏の「じめっ」としたものでなく、「カラッ」としているので救いですね。

一般的には過ごしやすい季節の筈なのですが、対処療法の膝の温湿布も余り効果がなく。

>もし宜しければ平野部の館跡めぐりでもしませんか?
>遺構が乏しいと萎えるかも知れませんが、思わぬ発見があった時にはかなり嬉しいですよ。

お誘い有難うございます。
今のところ日によって階段の昇降に支障が発生しておりますので自重を余儀なくされております。
また、お心遣い忝く存じます。
【2011/05/19 10:56】
ごあいさつ
管理人様

拙HPやブログにお越しいただいておりながら、今までこちらでのご挨拶もせずに大変失礼いたしました。

北区平塚城の項を見ていて、私も昔日を思い出しまして、書き込みをしたくなりました。といっても、私の場合はわずか十数年前の話ですが(笑)。

当時私は小学生で、城に興味をもったばかりでした。旧古河庭園目的の母と、平塚城址と六義園目的の私で出かけたことがあります。このとき一番印象に残っているのが、平塚神社門前の団子屋さんでした。管理人様のお話にある「平塚亭」というのは、おそらく同じものですよね!?あの時は、下町の小さな和菓子屋さんといった感じの昔ながらのたたずまいだったのですが、昨年HP作成のため再び訪れてみると、新しい建物に建て直されていました。

同じ団子屋を指しているとしたら、何とも不思議なご縁と思いました。
うじょう URL 2011/05/22(Sun)22:54:23 編集
Re:ごあいさつ
>管理人様
>
>拙HPやブログにお越しいただいておりながら、今までこちらでのご挨拶もせずに大変失礼いたしました。

うじょうさま、ようこそのお越しを。

>北区平塚城の項を見ていて、私も昔日を思い出しまして、書き込みをしたくなりました。といっても、私の場合はわずか十数年前の話ですが(笑)。
>当時私は小学生で、城に興味をもったばかりでした。旧古河庭園目的の母と、平塚城址と六義園目的の私で出かけたことがあります。このとき一番印象に残っているのが、平塚神社門前の団子屋さんでした。管理人様のお話にある「平塚亭」というのは、おそらく同じものですよね!?あの時は、下町の小さな和菓子屋さんといった感じの昔ながらのたたずまいだったのですが、昨年HP作成のため再び訪れてみると、新しい建物に建て直されていました。
>同じ団子屋を指しているとしたら、何とも不思議なご縁と思いました。

平塚神社に加えて旧古川邸園に六義園とても懐かしい響きのある名称です。
何れも当時の自宅から徒歩10分~20分ほどの距離で、都内在住は10代前半までではありましたが、多分50回前後は出かけたことのある散歩スポットでした。

まちがいなく同じ「団子屋さん」です。
あの「平塚亭」も建て直しましたか。
物心がついたころには既に所在していましたので、多分創業60年以上ではないかと思われます。

コメント忝く存じます。
【2011/05/23 15:22】
Trackback
この記事にトラックバックする: