本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコ(※2019年11月末に天国へ)などの話題に終始しております (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新CM
(03/22)
(02/19)
無題(返信済)
(11/18)
お大事に(返信済)
(09/26)
ご無沙汰です(返信済)
(06/19)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[472] [471] [470] [469] [468] [467] [466] [464] [465] [463] [462]
早いもので、大阪遠征から早一週間が経過。
大坂城での思い出のひとつには、やはりネコさんとの出会いが。
大坂城内にはホームレス関係の方と同じくらいの数のネコさんたちが居住。

西の丸方面のネコさんには一方的に嫌われる破目に。
水面から25mほどの高さの石垣の端を全速力で疾走。
通常泳げないネコさんにとってはまさに命がけの逃亡かと。

けれども、石山本願寺の推定地では人懐こい子ネコとベンチの上でしばし歓談。
一緒にお座りをして大坂城の遺構についてについてあつく語り合う..はずはなく。
手持ちの僅かばかりのスポーツドリンクを掌の上で舐めてもらいました。

西の丸に2時間以上も滞在していたためにそろそろ先を急がねば..
ネコさんの方も少しばかり名残惜しそうな表情で見送ってくれたのでありました。

大坂城の子ネコ
大坂城の子ネコ
-2007/11/20 撮影-


拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: