本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 5 7
9 11 13 14 15
16 17 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
(07/20)
お疲れ様です(返信済)
(07/12)
(07/01)
災難でした(返信済)
(06/17)
(06/13)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[423] [422] [421] [420] [419] [418] [417] [416] [415] [414] [413]
昨日、日本城郭大系第4巻「茨城・群馬・栃木」編を入手。
文字通りの新品同様、皺および汚れ皆無、頁を開いた形跡なし、月報付で然も格安。
近年より新しい類書が刊行されているとはいえ、依然として現在でも有用な基本資料のひとつであることは相違なく。

これで、相模を除いて最低限の基本資料が常備されたのであります。
しかし、何時になったら出かけられるのかという大問題が介在。
こうなると読書というよりも蒐集癖の観が。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
城郭大系4
入手されましたか! 群馬県は山崎一先生の情熱が迸り、現在の目で見ても素晴らしい仕上がりかと思います。茨城県はそれなりに、栃木県は巻末の城址一覧を含めやや物足りなさが残るようです。
とは言え、やはり今も全国網羅の城郭研究本としては一級資料であることに変わりはなく、HPの構成も城郭大系頼りになってしまいます。
そろそろ最新の研究成果を踏まえた改訂版が欲しいところではあります。
モナー 2007/09/12(Wed)02:07:24 編集
Re:城郭大系4
超新品同様を入手いたしました。
表紙の状態から観察する限りは擦れさえも検出できず。
版元在庫処分品に相違ないとにらんでおります。
仰せのとおり、ボチボチ改訂版を出して欲しいところにございます。
ついでに「図説中世城郭事典」の方も。

なお、この際「関東地方の中世城館 栃木・群馬」(東洋書林)も、もののはずみで入手してしまいました。
古書なのですが定価と全く同価格にございます。
よく計算すると消費税分が含まれていないので、送料を考慮しても1,060円得したような..しかし、余りの高額にて。
かくして拙預金講座のカラータイマーがピコピコと点滅を始めております。
【2007/09/12 22:59】
すごいですね
城郭大系は学生時代購入して今でも愛読書の一つです。城関係の
書籍、文献を集めたら部屋が整理するのが大変です。
久しぶりに実家に帰りまして整理をしたいのですが出来ないのが現実です。

神経ブロック 大変ですね。私も去年帯状疱疹をやり神経痛に悩まされ今も月1やってます。
さわちゃん 2007/09/12(Wed)22:41:26 編集
Re:すごいですね
今晩は。

価格は超破格の1900円(送料別途)。
このため迷うことなく入手いたしました。

そういえば少し前に「中世出羽の領主と城館」(2002/高志書院)などという書籍も入手。
近県でさえも足を延ばしていないのにも拘わらず..
「では、何時行くのか」などと堕洒落を考えたりしております(汗)

帯状疱疹は某も3年前に体験済みにございます。
右のコメカミ付近に5センチほどの規模にて。
痛いのなんの..筆舌に尽くしがたく。
その時は内服薬にて1週間ほど自宅療養を。
然し翌年に再発。
幸い症状は軽くて済みましたが。

なお、神経ブロック療法は今回が2度目にて。
昨年のこと。
自宅浴室天井の黒カビがどうしても気になり、浴槽の縁に足を乗せた途端にものの見事に足が滑りそのまま後頭部を浴室の扉に打ち付けるという惨劇を体験。
今日あることを想定し浴室の扉を合成樹脂製としていたため大事には至らず。
しかし、後遺症らしき首筋の痛み時折発生。
見かけは一見頑丈そうに見えるらしいのですが。

さわ殿も、くれぐれもお身体を大切にしてくださいませ。
【2007/09/12 23:44】
Trackback
この記事にトラックバックする: