本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコ(※2019年11月末に天国へ)などの話題に終始しております (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
(03/22)
(02/19)
無題(返信済)
(11/18)
お大事に(返信済)
(09/26)
ご無沙汰です(返信済)
(06/19)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[396] [395] [394] [393] [392] [391] [390] [389] [388] [387] [386]
「訪城覚書」の頁に4日前からテストしていた「埼玉県全図」(最新市町村別)を追加。
取敢えずは概ね稼働していることに合わせて、その後の更新方法に凡その目途がついたような。

とはいえ、単に地図に示された市町村名から市町村単位の「訪城覚書」の頁へリンクするという極めて初歩的なもの。
よって誇大宣伝も甚敷仕儀似而御座候。

画像の「百日草」は100日よりは遥かに花期も長く、少なくとも4か月以上咲いています。
また昔に比べて園芸品種も増えた様にも思われます。
40年以上前のこと、向日葵とともに自宅の庭に咲く夏の花の定番でありました。
その鮮やかな花弁の表面と比べて、些か気恥ずかしいほどに裏側の至って地味なこと..


百日草
百日草
2007/07/28 撮影
小川町小川止八宮神社前にて

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: