本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
5
7 8 11 12 13
14 15 16 17 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
(05/08)
無題(返信済)
(04/25)
ご愁傷様です(返信済)
(04/22)
お大事に(返信済)
(03/26)
大築城の石積(返信済)
(03/19)
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[342] [343] [341] [340] [339] [338] [337] [336] [335] [334] [333]
毎日ネコたちの面倒を見ていることもあり、機嫌の良いときは足元に擦り寄り鼻先を擦りつける仕草も珍しくはなくなってきました。
2匹揃って階段の下で待っていることもしばしば。

またネコ部屋と化した2階へと階段をあがる時には甘えるような鳴声を出しながら楽しげについてくるようにも。
やはり階段部分を遊び場に開放したのは正解かと。

それでも母ネコのポミは時々威嚇するような仕草を見せることもあり、ネコの心理は今以て分からぬ飼い主なのであります。


ネコの「いちご」
警戒する気配を見せない「いちご」
2007/06/10 撮影

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
ありがとうございました
みなさん 温かい激励の言葉に感謝致します。今夜行に乗りまして米子市に向かっています。朝方に掛け替えが決まる余部鉄橋を渡ります。先人の遺産を残して抱きたいのですが時の流れなのですね。東海道編鉄道唱歌を歩き廻り、広島では山陽道を歩き廻りたいと思います。今どこあたりかな?
さわちゃん 2007/06/12(Tue)23:54:27 編集
Re:ありがとうございました
あの有名な鉄橋がなくなってしまうのですか。
形をかえて部分的にでも保存されるとよいのですが。
中国地方の城館の制覇を心よりお祈り申し上げます。
【2007/06/13 21:49】
Trackback
この記事にトラックバックする: