本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
(12/09)
(11/30)
(11/28)
(11/11)
(09/24)
最新記事
(12/03)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[328] [327] [326] [325] [324] [323] [322] [321] [320] [319] [318]
仕事から帰って、いつも通りに早速ネコの給餌。
毛玉が目立ってきたので、この際大掃除を敢行。
アレルギー性の喘息もあるため、窓を少しだけ開けてクリーナーで床清掃。

然しほんの少し油断した隙に、親子の2匹の猫たちがこれ幸いとその隙間から脱走しベランダへと逃亡。
屋外の新鮮な空気が心地よいのか、餌で釣ろうが、羽の玩具で釣ろうが全く見向きもせず。

それもそのはず約3ヶ月ぶりの屋外にて。
相隣関係からネコの気ままな外出ができなくなり、既に100日前後の監禁生活。
早速車庫の上や屋根の上にてじゃれ合いながら探検している様子。

既に日没後のため何れ部屋に戻るとは思うものの、久しぶりの屋外はとても気持ちが良いらしく戻るような気配は微塵もなし。
仕方なく自分の食事を摂っていると、車庫の屋根の上がやけに騒々しく。
親子喧嘩かと思い様子を窺いに赴くと、茶色のネコがそそくさと逃亡していく後ろ姿が。

その傍らで子どもの「いちご」(雄2歳)が勝ち誇ったように辺りを睥睨。
一方母ネコのポミは部屋の中でカーテンの陰から小さく身を屈めてガラス越しに様子を窺っておりました。

案ずるに他所のネコを「いちご」が追い払った模様で、母親のポミは安全なところに避難していたという図式かと。
最近は運動不足気味の「いちご」とはいえ、母親の2倍近い体重6kgの大柄な雄。
外敵からか弱い母親を見事に守った天晴れな孝行息子となったのであります。

尤もそのあと暫くは家の周囲を探検していたようで、ポミが出迎えに車庫の屋根の上で待機。
然る後、親子共々餌と玩具で釣って何とか室内に誘い込み僅か1時間足らずの外出となった次第にて。
うーむ、疲れた。

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: