本来は中世城館跡めぐりがテーマのはずでありました。もっとも最近は加齢と共に持病が蔓延し本業が停滞傾向に...このためもっぱらドジなHP編集、道端の植物、食べ物、娘が養育を放棄した2匹のネコなどの話題に終始しておりまする。なお2007年末から漸く群馬方面へと進出し、2008年6月には福島中通り方面、11月には栃木県南、12月には茨城県南、2009年2月には千葉県北部、5月には山形県村山地方と少しだけ領域を広げ始めております。              (2009/05/21 説明文更新)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 5 6 8
9 11 13 15
16 18 21
27 28 29
30
最新CM
無題(返信済)
(04/25)
ご愁傷様です(返信済)
(04/22)
お大事に(返信済)
(03/26)
大築城の石積(返信済)
(03/19)
(03/11)
最新記事
(04/26)
最新TB
プロフィール
HN:
武蔵国入東郷の地下人小頭@和平
性別:
男性
職業:
定年を過ぎました~
趣味:
「余り遺構の無い城館跡めぐり」と「ネコいじり」並びに「観葉植物の栽培」など数だけは
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
フリーエリア
[226] [225] [224] [223] [222] [221] [219] [220] [218] [217] [216]
昨年はセブリナだけでも土鉢で120鉢、ハイドロ仕様で80鉢ほどを緑のトラストへの募金を含めて差し上げることができました。
今年は例年にない暖冬のため、冬季に芽指ししたものを含めても失敗した事例は僅かに5%ほどでありました。
今年の初めに仕立てた下記の小鉢(総費用は約130円くらい)もそれなりに根付いたようです。

昨年の9月頃から本格的にはじめたばかりですが、経験上からハイドロに向かないものとしてはフィカス・プミラ、ヘデラの一部、ヒユ科のもの、アカバセンニチコウなどで、逆に相性がよいのはセブリナ、ポトス、オリズルラン、テーブルヤシ、ドラセナ類。
また意外に適応できるのがクロトン類、パキラなど。
今のところどちらともいえないのがヒポエスタス、イレシネ、カゲツ類などとなっています。


セブリナ
繁殖力旺盛なツユクサ科のセブリナ
2007/02/16 撮影

拍手[0回]

Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass
Trackback
この記事にトラックバックする: